• マウスピース型矯正装置(インビザライン)

    川崎市多摩区生田駅前歯科クリニック

    歯科衛生士の三田です。

    「インビザライン」、最近広告などでも目にすることが増えたのではないでしょうか?

    本日は、そのインビザラインについてご紹介します。

    今回は実際にインビザライン矯正を始めたスタッフの意見、感想なども取り入れた記事になっています!

     

    インビザラインとは

    オーダーメイドでプラスチック製の透明なマウスピースを装着する矯正装置で、非常に目立ちにくく、矯正をしたいけど、従来のワイヤーを使う矯正では、目立ってしまって嫌だという方におすすめの矯正治療です。

     

     

    インビザラインのメリット

    ・目立ちにくい

    透明なプラスチック製の矯正装置なので、装着していてもほとんどわかりません。

    目立たずに矯正治療を行うことができるのは一番のメリットになるかと思います。

     

     

    ・痛みが少ない

    インビザラインはワイヤー矯正と比べて、痛みが軽減されてると言われています。

    実際に、マウスピースを変えた直後も多少の締め付け感はあるものの、従来のワイヤー矯正のような「痛くて食事ができない。しづらい」などもあまり感じません。

     

    ・治療のゴールを事前に確認できる

    3Ⅾ画像により目標の歯並びになるまでの変化を患者様自身が確認することができます。

     

    ・自宅でのセルフケア(歯磨き)が簡単

    従来のワイヤー矯正では、常にワイヤーなどがあるため、歯磨きや歯と歯の間の清掃がしづらく、矯正治療が終わった後、虫歯になってしまったなどのケースが少なくありませんが、インビザラインは、取り外しができるため、今までと変わらず食事や歯磨きをすることができます。

     

    インビザラインのデメリット

    ・装着時間を守らないと計画通りの治療結果が得られない

    取り外しができることが大きなメリットのインビザラインですが、決められた時間(1日20時間以上)装着していないと、計画通りに歯が動かず、思うような治療結果が得られません。

    その為、食事と歯磨きの時間以外は装着していないといけません。ご自身の自己管理が重要な治療です。

     

    ・インビザライン矯正が適さないケースもあります

    歯列によっては、インビザラインが適さないケースもあります。歯科医院にてインビザラインでの歯科治療が可能なのかを確認する必要があります。

     

    以上のような、メリット・デメリットなどがありますが、実際にインビザライン矯正を始めてみて、デメリットよりもメリットの方が目立つように感じます。

    一番はなによりも矯正治療中にもかかわらず、目立たないということが一番うれしいところです。

    お手入れなども柔らかい歯ブラシで磨き、気になるようならマウスピース用の洗浄剤につけるだけなので、個人差はあると思いますが、あまり面倒は感じていません。

    当院ではインビザラインにて、自身の歯がどのようにきれいに並ぶのかをデモンストレーションできる機械(iteroスキャニングシステム)を導入しているので、気になる方は是非スタッフにお声がけください。

     

お問い合わせ・ご予約

044-299-7255

  • アクセス・地図
  • ご予約・ご相談・お問合せ

[ 診療時間 ] 9:00-13:00 / 14:30-19:00(土曜18時まで)
[ 休 診 日 ] 日曜・祝日

小田急線生田駅北口より徒歩2分

〒214-0038 神奈川県川崎市多摩区生田7-9-3-1F

診療時間
★土曜18時まで ※予約最終受付は平日18:00/土曜17:00まで