歯科口腔外科は、お口の中の外科処置や親知らず、顎の痛みや歯を折った、ぶつけた等、お口の怪我やできものを診断する分野です。

親知らずの診断・抜歯

親知らず

親知らず付近の痛み、気になりませんか。親知らずの痛みは放っておくと、手前の奥歯が虫歯になったり、押されることによって歯列を乱したりとあまりいい事がありません。当院では親知らずの診査、抜歯するかどうかの診断を行っております。

親知らずの抜歯を判断する基準には、このようなものがあります。

  • ✔親知らずが少しだけ見えていて、これ以上生えてくる見込みがない
  • ✔親知らずが邪魔でブラッシングしにくい
  • ✔親知らずの周囲に嚢胞ができている
  • ✔親知らずが虫歯や歯周病になっている
  • ✔親知らずと隣り合う歯が虫歯になっている
  • ✔手前の歯を強い力で押しており、歯並びに影響を与えている
  • ✔親知らずがかみ合わず頬や歯茎の粘膜を傷つけている
  • ✔すでに噛み合わせが乱れている

埋伏していたり、下顎の神経に近い場合など、難しいケースによっては近隣の大学病院を紹介させていただきます。

外傷・歯の打撲

子どもが転ぶ

ご自身の歯の怪我、お子さんが歯をぶつけた場合など、打撲や外傷の応急処置も行っております。まずはお問い合わせください。

代表的な歯の外傷としては、このようなものがあります。

  • ✔歯が折れた
  • ✔歯がグラグラする
  • ✔歯が抜けてしまう
  • ✔歯が歯肉の中に入り込む

歯の外傷は、乳歯ですと1歳から4歳くらい、永久歯ですと7歳から8歳くらいが多いと言われています。よちよち歩き始めたり、元気に走り回ったりする年ごろですね。
昨今は床がフローリングだったり、公園も硬い舗装があったりして、ちょっと転んだだけでも、前歯を打つことが多い環境です。

打撲によって歯が折れるケースは、子供さんの場合多いですが、折れた歯も治せる可能性はありますので、まずは慌てずに受診してください。

また、軽く打っただけだから大丈夫、と思っても、まれに数カ月経ってから歯が変色してきた、というようなこともありますので、トラブルの大小にかかわらず、歯を打った場合には受診されることをおすすめします。

顎関節症(顎の痛み)

マウスピース(スプリント)

顎が痛い、顎がカクカク鳴る、大きく口が開かない…等々、顎関節症の診断も行っております。ケースにより、症状緩和のためのマウスピース(スプリント)を患者さんのお口に合わせて製作させていただきます。

顎関節症の代表的な症状として、このようなものがあります。

  • ✔食べ物を噛むときに痛い
  • ✔食事のとき、顎関節がだるい
  • ✔口を大きく開けられない、物がよく噛めない
  • ✔口を開け閉めすると、カクカク音が鳴る
  • ✔口の開閉がスムーズにできない
  • ✔あごが外れることがある

顎関節症を起こす要因としては以下のことが考えられます。

  • ✔上下歯の接触癖
  • ✔頬杖
  • ✔爪噛み
  • ✔片噛み
  • ✔歯ぎしり
  • ✔合わない枕の使用
  • ✔格闘技
  • ✔楽器演奏
  • ✔PC作業など緊張する仕事
  • ✔悪い噛み合わせ
  • ✔外傷
  • ✔精神的緊張

顎関節症は、日常生活の中で無意識に行っている習慣が原因となっていることが多く、これを自覚してあらためることで、予防や症状の緩和も可能です。

市販のマウスピースは、寝ている間に外れてしまうケースもあるようですが、歯科医院で作るオーダーメイドのマウスピースであれば、外れる心配はほぼありません。顎関節の負担を軽減する働きもありますので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ・ご予約

044-299-7255

  • アクセス・地図
  • ご予約・ご相談・お問合せ

[ 診療時間 ] 9:00-13:00 / 14:30-19:00(土曜18時まで)
[ 休 診 日 ] 日曜・祝日

小田急線生田駅北口より徒歩2分

〒214-0038 神奈川県川崎市多摩区生田7-9-3-1F

診療時間
★土曜18時まで